不飽和脂肪酸とは

不飽和脂肪酸とは、脂肪の構成要素である脂肪酸のうち、植物や魚の脂に多く含まれるものです。
体内で合成できないため、摂取する必要がある必須脂肪酸はこれに含まれる。

DHAやEPAを積極的に摂ろうとよく耳にするのは、意識して摂らないとカラダで作られないからです。

 

不飽和脂肪酸は炭素と炭素を繋ぐ手が1カ所以上2本になっている。この二重結合が1カ所のものが一価不飽和脂肪酸が2カ所以上のものが多価不飽和脂肪酸です。

 

それで、さらにややこしいのですが、不飽和脂肪酸は最終的に3つのグループに分類されます。グルーピングの条件は、二重結合がある位置。元素が連なった脂肪酸の端っこには、ある共通の構造があります。

 

不飽和脂肪酸のグルーピングにはn−9、n− 6、n−3と言う表記があります。こちらは炭素の総数をn個と想定して、そこからそれぞれ9、6、3を引いた位置に二重結合があると言う意味です。

 

n−9、n− 6、n−3はみなさんご存知のオメガ9,オメガ6,オメガ3です。

sibousan

コメント