35歳から80kgの体重を落とす方法

image_80kg
社会人になり、気がつけば体重が80kgになっていた。薄々は気づいていたけど、そろそろ本気で取り組まなきゃ”やばい”かも、と不安になった方。

「安心してください。
すぐに痩せる方法を教えます」

“美味しさを追求し、従来のプロテインとは一線を画しカロリーを抑えた”コチラ”のプロテインを飲んで、運動さえすれば、必ず痩せます”

と言った広告に
「私に言ってるみたい。ポチッ」
と、プロテインを購入していませんか。

前置き長くて申し訳ございません。

実は
プロテインを飲んでも痩せません。

運動しても?

はい、残念ながら。

この記事では、80kgになったあなたの体重を、落とす方法を解説していきますが、決して楽して痩せる方法ではありません。

・甘いものはどうしても食べたい。
・運動は絶対やりたくない
・カロリー制限は嫌だ

どちらか一つでも当てはまる方には、この先有益な情報はないので別サイトを探してください。

厳しめな言葉になりましたが、内容は優しめになっていますので、読み進めて頂けると幸いです。

なぜ痩せたい人にプロテインが必要なのか!
人間のカラダでもっとも多い成分は、カラダの約7割を占める水分。その次に多いのが、2割を占める成分「タンパク質」です。そのタンパク質をプロテインパウダーで補う事で、運動後の筋肉修復に役立ちます。そして修復を繰り返す事で筋肉量が増し痩せやすいカラダになっていきます。

35歳が80kgを落とす為に始めに行うこと

running
この記事の対象者は、学生の頃は50〜60kgで社会人になって80kg台まで体重が増えた方です。

社会人になって”太った”原因に心当たりありますか。

食べ過ぎ
飲み過ぎ
運動不足

はい。
その通りです。
以上の3つが太った原因に間違いありません。

なので

食べ過ぎない
飲みすぎない
運動する

で、痩せます。

答えがでましたね。

「運動もした、食事制限もした、なのに痩せなかった。だから、“本当に痩せる方法”を教えてほしい」

と聞こえてきました。

んーー
困りましたねー

では、視点を変えて
解決策を分かりやすく「食事編」「運動編」に分けて解説していきますね。

食事編:35歳から80kgの体重を落とす方法

思考力
ここまで読み進めた方は、過去にダイエットで食事制限をした事がある方だと思います。

そして
痩せなかった

いかがですか。

食事制限をして2,3kg程度は体重が落ちたがそこからピクリともしなかった。という声が圧倒的に多いですね。

実はこの落ちた2,3kgといのは、“水分”です。風邪を引いて体重が落ちた時と同じです。

ダイエットの目的は、痩せる事はもちろんの事、”痩せた体を維持”する事だと思います。

痩せた体を維持するには、食事制限のような一時的な痩せ方ではなく、食事改善がもっとも良い方法です。

食事制限と食事改善の違いが分かると有利

  • 食事制限
  • 食事制限は、必須栄養素を気にせずとにかくカロリーを減らした食事です。

    そして食事制限のサイクルは以下になります。

    食事制限

    体に異変

    体調不良

    食事制限辞める

    リバウンド

    痩せて綺麗になるつもりが元もこもありませんね。では次は食事改善です。

  • 食事改善
  • 食事改善は、現在の食事を見直す事から始まり、必須栄養素、偏りなどを調整していきます。食事改善の場合、食べていけないものはありません。

今の説明で食事制限と食事改善の違いが分かったのではないでしょうか。

体を変える為に1番始めるのは、食事改善です。食事改善が出来なければ、スタート地点にさえ立っていないという事になります。

35歳で80kgの体重を落とす為には、食事改善からスタートしましょう。

運動編:35歳から80kgの体重を落とす方法

ダイエット宣言をして、以下の行動をしましたか。
・スポーツウェアを買う
・ジムに入会する
・ヨガを始める

しかし
痩せなかったのでやめた。

ダイエット失敗談でよくある話です。

結論を先に言うと
運動で体重は落ちます。

頑張った分と比例しませんが。

ジョギング30分=ビール2缶

これが現実です。
30分のジョギングをした事がありますか。

運動初心者は5分走るのがやっとです。

おやつでも食べようもんなら、毎日1時間以上走らないとカロリーは消費できません。

さぁ、弱りましたね。
運動嫌いなら、、、なおさら(泣)

運動をするとカロリーを消費するので、体重が減る事は間違いないのですが、食べた分が多いとカロリーが余ってしまい体重が減るどころか増えてしまいます。

ここで良い朗報。

ダイエットで成功した方は”食事改善が9割で運動1割”です。

運動が0ではない所がポイントです。

体重を落とす為に、なぜ運動が必要なのか

食事だけで痩せられるなら”運動”しなくていいのでは?
と思った事ありませんか。

運動せずに食事だけで体重を落とせるのは事実ですが、以下のデメリットがあります。
・ダイエット食を終えるとリバウンド
・痩せたのに老ける
・痩せにくい体

  • ダイエット食を終えるとリバウンド
    頑張ったダイエット生活に終止符が打たれ、日常の食生活に戻すと、すぐに体重が戻ります。
    ダイエット中は、炭水化物抜き、脂っこい物抜きなど頑張った事でしょう。食事だけのダイエットではよくあること。

    今からダイエット食を考えている人は、ダイエット終了後、いや、一生その食生活で過ごせるかを考えてください。

    Yesなら大丈夫です。

  • 痩せたのに老ける
    せっかく食事制限をして痩せたのに周りからは
    「体調悪いの?」
    「無理しないで」
    と、見られます。
    「綺麗だね」
    「どうやったらその体になれるの?」
    という答えを待っていたのに、、、

    ハリのある体、美しい体は筋肉あってこそです。

  • 痩せにくい体
  • 食事だけのダイエットで体重が落ちる順番
    水分

    筋肉

    脂肪

    この中で1番痛いのは筋肉が落ちる事です。筋肉が落ちてしまっては、”痩せにくい体”へまっしぐら。

以上の事から分かるように、運動なし食事だけのダイエットはデメリットしかありません。とは言っても運動は激しくなくて大丈夫ですよ。

ここまで読み進めてネガティブな気持ちが高まったと思います。

申し訳ございません。

では最後に35歳で80kgになった方が痩せる為の過ごし方をお伝え致します。

痩せる為の過ごし方

ぽっこりお腹
美味しい物は我慢したくないし、運動はしんどい。

痩せたい多くの人が思っている事です。

その思いを形にするには”ダイエットと減量”の違いを知る事です。するとリバウンドしない体にもなります。

一石二鳥です。

痩せる為の過ごし方とは”習慣”を指します。

20kg増加した体は、増加する習慣を過ごしてきたので、体重を-20kgの習慣にする必要があります。

なので、習慣を知った上でダイエットを始めると、成功します。

「食事習慣を変えるぞー」
「今日から運動を習慣化するぞー」
「こんどこそ、ダイエット成功させてやる」


宣言をして続いた人を見かけた事がありません。こういった宣言をした人の行動は、減量行動です。

減量行動とは、ある目的の為に一時的に体重を絞る行動を指します。

・ボディビル
・体重別スポーツ
・結婚式

などのように目的終了後には、ダイエット(減量行動)を辞めてしまいます。

このような減量行動のダイエットは、復唱になりますが、一時的に痩せるが維持できません。

人は明確な目的があると行動を起こしやすいので、減量で成功確率が高いのは”目的”があるからです。

ダイエットも一見”痩せる”という目的があるからいけるんじゃね?と思いそうですが、上手くいかないのは、目的が明確ではないからです。

1年は365日

65日だけは、好きな物を好きなだけ食べていい日。300日は、健康を意識した食事にする。

月にすると5日なので、週1というイメージです。

この食事習慣がベースです。
健康を意識した食事といっても制限食にして、という意味ではありません。栄養バランスの偏りを見る事です。

食事習慣が分かったところで、次は運動習慣です。

運動が嫌いな理由は、きつい、苦しいが嫌だから、ではありませんか。

運動習慣のスタートは散歩からです。
散歩を習慣化する方法は”同じ時間にやる”事です。

空いた時間にやると続かないので「必ず時間を固定」してください。

時間を固定する理由は、予定に左右されないからです。仕事終わりや休みの日などは、急な予定が入りやすいので、おすすめは”朝”です。

食事習慣を変え運動習慣を始めても、すぐに痩せません。80kgある体重を60kgまで落とすには、早くて2年は見てください。

改善した食事習慣と運動習慣は、一生続けるつもりで取り組んでください。もちろんたまには、羽目を外す日もあると思いますが、300日を大事に過ごして下さいね。

現在35歳ならまだまだ活動的に動けます。

あなたの一歩を応援しています。