ダイエット×テクノロジー

ダイエットとテクノロジー

将来人工知能、テクノロジーの発展で簡単に痩せられると期待していませんか。

 

料理情報を提供してくれる「ごはん予報」や、NASAが開発した「痩せるベスト」というのがありますが、やはり何もせずに痩せるというのは難しそうです。

 

そうは言っても、現在自分を知るすべはもう揃っています。

 

以前の体重計は、針が指したところの数字を見て体重を確認していました。現在の体重計は体脂肪率、基礎代謝、筋肉量、などもっと細かい部位まで自分を知ることができます。しかも業務用ではなくても家庭用でクオリティが高くコスパがいいのもあります。

 

最新のタニタの体組成計ではスマホでも管理が出来るので、出先で食事をする際にも、自分の今の状態を知ることができるので心配ありません。

最近ではトレーニングアプリも多くの種類がリリースされていて、どれを選べばいいのか分からなかったり、選んでやっても本当にこれで効果あるの?と疑心暗鬼になったりします。それでは本末転倒です。

 

 

一道具に過ぎない

ダイエット器具はあくまでも一道具に過ぎません。これなら痩せるという結論を出すのではなく、方法の一つとして使っているぐらいがいいでしょう。このダイエットアプリが飽きたら他のアプリにうつればいいのです。

 

結果がでないなら一度フィードバックしよう。

 

どうしてもダイエットを成功させたいのなら、結果にコミットしてもらう所にカラダを任せた方がいいです。自力でやりたいなら長いスパンで考えるべきです。そこでテクノロジーを利用し、試行錯誤しながら行えば諦めずに続けていけます。

 

Fitbit フィットビット活動量計

最後に最近人気の健康テクノロジーです。睡眠や目覚めの時間を自動で計測したり運動中に体内に取り込まれる酸素の最大量も算出する最近人気のウェアラブルです。

 

 

テクノロジーをうまく活用して、楽しく運動や食事コントロールができれば一石二鳥。続けることに視点を向け、道具と仲良くお付き合いしていきましょう。

コメント