パーソナルトレーニングジムvs自己流

パーソナルトレーニングジムvs自己流

apple_gym

パーソナルジムに行かなくても独学で痩せる事はできますか。

という質問を多く頂きます。

結論から言いますと「独学でも痩せます」

しかしパーソナルジムと比べると痩せる確率はかなり低いです。独学で結果を出している人が多ければここまでジムが盛んになっていないと思います。

今回の記事は

・パーソナルジムの方が痩せるのはなぜか

・独学で痩せるには何をしたらいいのか

について解説していきます。

ジム名 価格(税抜)
ライザップ(パーソナル) 348,000円
アップルジム(パーソナル) 144,000円
ティップネス(スポーツジム) 9,000円

パーソナルジムの方が痩せるのはなぜか

なぜ独学でやるよりパーソナルジムの方が痩せるのか。

答えは簡単です。

トレーナーがいるからです。

ダイエットに置いてパーソナルトレーナーの存在は偉大です。トレーナーにカラダの管理をお願いするので言われた通りに行動するだけで結果がでます。その価値に高いお金を払う訳です。(そりゃ高額になりますね!)

パーソナルジムの特徴は一定の期間(2~3ヶ月)でコミットする事が多いです。期間が決められているのでモチベーションが保ちやすい仕組みになっています。特にライザップではモチベーション維持が徹底されているので途中で諦めてしまう人は少ないです。

 

パーソナルジムで結果を出せるのはトレーナーの存在とあと1つは生きた知識です。

近年では調べればすぐに知識を得る事ができます。しかし痩せれる人の数は昔と変わりません。調べればすぐに知識を得れるが逆にデメリットになっています。

「いつでも調べれば痩せられるから明日からやる」

「調べてやったのに痩せない」

この2つはとくに多い声です。前者はスポーツジム入会したら痩せるが確定したと思う人と同じ理論ですね。後者はただ知識を記憶だけですね。例えば調べた結果が「糖質が太る原因」なので糖質制限をした。これだけでは痩せませんね。トレーナーなら「低GI値の糖質でコントロールして摂取していきましょう。」「糖質は朝と運動前に」となります。これが経験を元にした生きた知識です。

 

まとめると、パーソナルジムの方が痩せるのはモチベーション維持生きた知識をあなただけのために力を注いでくれるからです。この価値に気づいた人は、ライザップの34万円は高いと思ってもアップルジムの15万円は安いと感じるでしょう。

 

独学で痩せるには何をしたらいいのか

スポーツジム

結論を先に言いますと、独学で痩せたい人は食事を改善することです。以上!

それでは言葉が足りなすぎますね(^^)

では独学で痩せるための行動を説明します。

食事改善

運動を始める

ジムに行く

 

痩せたいなら食事改善です。運動しなくても食事だけで痩せる事はできます。なので運動は食事改善をしなければ痩せる事はできません。

 

ジムの記事なのに食事が大事とか言ってすいません(–;)

 

運動のメリットは、メリハリなカラダとリバウンドしないカラダを作れる事です。

食事だけだと見た目がやつれて老けた感じになります。そうならないために運動をします。痩せる目的が綺麗になりたいカッコよくなりたいであれば、やはり食事と運動はセットです。

 

独学で運動を始めると飽きてきたときの選択肢が狭まります。選択肢を増やすためにジムをオススメします。すぐにジムを進めないのは続くか分からないのに、入会金や月謝を払う事が浪費になるからです。そうならない為に最初の3ヶ月は自宅で筋トレ近所の散歩から始めましょう。

独学で3ヶ月やると、筋肉の細かい部分を鍛えるにはジムの道具を使った方が効率がいいなと分かってきます。そう感じた時はジムに行く合図です。

 

スポーツジムのトレーナーは、機械の使い方などは教えてくれるが付きっ切りではないうという事を頭に入れて置いてください。だからスポーツジムに行っても基本独学なので、ジムに行く前の自宅でやる3ヶ月にはとても意味があります。行ってしまえば実験場なので色んな筋トレを試して試行錯誤してください。

 

ではここからはジムの使い方についてです。

友人と入会しない。

曜日と時間を固定する。

ジムに行く目的は運動を習慣化することなので以上の2つは大事な要件です。前者はもう分かると思うので後者の曜日と時間を固定するについてです。

仕事帰りにジムの予定を入れても急な残業や飲み会は入ると思いますが、運動日と被っている場合は断ってジムを優先してください。月水金の18:30~19:30(例)はジム、とスケジュール化すれば周りも納得してくれるはずです。柔軟に日にちをずらしていいのはジムに通って半年経ってからです。

 

食事改善→自宅運動→ジムの順番で行えば独学でも痩せる事はできます。パーソナルジムよりは時間軸は長いですが諦めないければ必ず結果は付いてきます。

まとめ:パーソナルトレーニングジムvs自己流

パーソナルジムvs自己流はいかがでしたか。

時間軸が違うだけでどちらも正しいやり方で行えば同じ結果を得る事ができます。早期に結果を求めるならパーソナルジム、長期なら独学。

カラダを変えるには食事と運動はセットです。「食事は制限ではなく改善」「運動は習慣化できる環境を作る」これが最強の痩せる方法です。

 

どちらを選ぶかはあなた次第です(^^)